映画『救いの接吻』『ギターはもう聞こえない』

TRAILER

CAST

ジャンヌ

ジャンヌ|ブリジット・シィ
Brigitte Sy

1956年、1月26日生まれ、フランス・パリ出身。79年、ダニエル・デュヴァル監督『逃避』で映画出演デビュー。83年にガレルの『自由、夜』(84)に出演し、同年にルイを出産。91年、娘のエステールを出産。『彼女は陽光の下で長い時を過ごした』(85)では共同脚本を手がけ、『ギターはもう聞こえない』(91)にアリーヌ役で出演、『恋人たちの失われた革命』(05)ではルイの母親役を演じた。その他の映画出演作に『よりよき人生』(セドリック・カーン、11)、『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ、11)、『ワイルド・ライフ』(セドリック・カーン、14)など。脚本家として『旅芸人と怪物たち』(リー・フェナー、15)に参加。また監督としても活躍しており、それぞれ刑務所の囚人とのワークショップをもとにした短編映画『理想の場所 L'endroit idéal』(08)、長編映画『自由な手 Les mains libres』(11)を監督している。15年には、アルベルティーヌ・サラザン原作の『夜、アルベルティーヌ』を監督、本作には娘のエステール・ガレルも出演している。

ルイ(ロー)|ルイ・ガレル
Louis Garrel

1983年6月14日生まれ、フランス・パリ出身。フィリップ・ガレルとブリジット・シィの間に生まれる。ルイにとって『救いの接吻』(89)が初の本格的出演映画。フランス国立高等演劇学校在学中に、『これが私の肉体』(ロドルフ・マルコーニ、01)でジェーン・バーキンと共演した。『ドリーマーズ』(ベルナルド・ベルトルッチ、03)での演技が話題を呼び、その名を一躍知られるようになる。セザール賞最優秀新人男優賞を受賞した『恋人たちの失われた革命』(05)以降、『愛の残像』(08)『灼熱の肌』(11)『ジェラシー』(13)『パリ、恋人たちの影』(15)とフィリップ・ ガレル監督作品に立て続けに主演した。『パリの中で』(06)『美しいひと』(08)をはじめクリストフ・オノレ監督作品に多数出演。その他の映画出演作に『サンローラン』(ベルトラン・ボネロ、14)、『グッバイ・ゴダール!』(ミシェル・アザナヴィシウス、17)など。自らの監督作として『ふたりの友人』(15)、『ある誠実な男』(18)を発表している。

ルイ
マチューの父

マチューの父|モーリス・ガレル
Maurice Garrel

1923年2月24日生まれ、フランス・サン=ジェルヴェ出身。俳優として活躍する前は、人形芝居の劇団をつくり、妻と共に地方を巡業する生活を続けていた。映画出演作に『柔らかい肌』(フランソワ・トリュフォー、63)、『パリ大捜査網』(ジョルジュ・ロートネル、68)、『愛を弾く女』(クロード・ソーテ、93)、『キングス&クイーン』(アルノー・デプレシャン、04)など。息子であるフィリップ・ガレルの作品には、初監督作『調子の狂った子供たち』(64)から主演作『自由、夜』(83)、そして『白と黒の恋人たち』(01)『恋人たちの失われた革命』(05)、遺作となった『灼熱の肌』(11)まで数多く出演した。2011年6月4日死去。

ミヌシェット|アネモーヌ
Anémone

1950年8月9日生まれ、フランス・パリ出身。67年、フィリップ・ガレルがテレビ番組用に監督した『アネモーヌ』に、精神分析学者の父を持つ17歳のブルジョワ娘役で出演。当初はアンヌ=エモヌ・ブルギニョンの名で出演していたが、これ以降、本作の役名であるアネモーヌを芸名とする。87年、『フランスの思い出』(ジャン=ルー・ユベール)でセザール賞主演女優賞を受賞。その他の主な出演作に『モデルカップル』(ウィリアム・クラン、76)、『ゲームの殺人』(ミシェル・ドヴィル、85)、『葡萄酒色の人生 ロートレック』(ロジェ・プランション、98)、『プチ・ニコラ』(ローラン・ティラール、09)など。

ミヌシェット
ジャンヌ

ジャンヌ|ブリジット・シィ
Brigitte Sy

1956年、1月26日生まれ、フランス・パリ出身。79年、ダニエル・デュヴァル監督『逃避』で映画出演デビュー。83年にガレルの『自由、夜』(84)に出演し、同年にルイを出産。91年、娘のエステールを出産。『彼女は陽光の下で長い時を過ごした』(85)では共同脚本を手がけ、『ギターはもう聞こえない』(91)にアリーヌ役で出演、『恋人たちの失われた革命』(05)ではルイの母親役を演じた。その他の映画出演作に『よりよき人生』(セドリック・カーン、11)、『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ、11)、『ワイルド・ライフ』(セドリック・カーン、14)など。脚本家として『旅芸人と怪物たち』(リー・フェナー、15)に参加。また監督としても活躍しており、それぞれ刑務所の囚人とのワークショップをもとにした短編映画『理想の場所 L'endroit idéal』(08)、長編映画『自由な手 Les mains libres』(11)を監督している。15年には、アルベルティーヌ・サラザン原作の『夜、アルベルティーヌ』を監督、本作には娘のエステール・ガレルも出演している。

ルイ

ルイ(ロー)|ルイ・ガレル
Louis Garrel

1983年6月14日生まれ、フランス・パリ出身。フィリップ・ガレルとブリジット・シィの間に生まれる。ルイにとって『救いの接吻』(89)が初の本格的出演映画。フランス国立高等演劇学校在学中に、『これが私の肉体』(ロドルフ・マルコーニ、01)でジェーン・バーキンと共演した。『ドリーマーズ』(ベルナルド・ベルトルッチ、03)での演技が話題を呼び、その名を一躍知られるようになる。セザール賞最優秀新人男優賞を受賞した『恋人たちの失われた革命』(05)以降、『愛の残像』(08)『灼熱の肌』(11)『ジェラシー』(13)『パリ、恋人たちの影』(15)とフィリップ・ ガレル監督作品に立て続けに主演した。『パリの中で』(06)『美しいひと』(08)をはじめクリストフ・オノレ監督作品に多数出演。その他の映画出演作に『サンローラン』(ベルトラン・ボネロ、14)、『グッバイ・ゴダール!』(ミシェル・アザナヴィシウス、17)など。自らの監督作として『ふたりの友人』(15)、『ある誠実な男』(18)を発表している。

マチューの父

マチューの父|モーリス・ガレル
Maurice Garrel

1923年2月24日生まれ、フランス・サン=ジェルヴェ出身。俳優として活躍する前は、人形芝居の劇団をつくり、妻と共に地方を巡業する生活を続けていた。映画出演作に『柔らかい肌』(フランソワ・トリュフォー、63)、『パリ大捜査網』(ジョルジュ・ロートネル、68)、『愛を弾く女』(クロード・ソーテ、93)、『キングス&クイーン』(アルノー・デプレシャン、04)など。息子であるフィリップ・ガレルの作品には、初監督作『調子の狂った子供たち』(64)から主演作『自由、夜』(83)、そして『白と黒の恋人たち』(01)『恋人たちの失われた革命』(05)、遺作となった『灼熱の肌』(11)まで数多く出演した。2011年6月4日死去。

ミヌシェット

ミヌシェット|アネモーヌ
Anémone

1950年8月9日生まれ、フランス・パリ出身。67年、フィリップ・ガレルがテレビ番組用に監督した『アネモーヌ』に、精神分析学者の父を持つ17歳のブルジョワ娘役で出演。当初はアンヌ=エモヌ・ブルギニョンの名で出演していたが、これ以降、本作の役名であるアネモーヌを芸名とする。87年、『フランスの思い出』(ジャン=ルー・ユベール)でセザール賞主演女優賞を受賞。その他の主な出演作に『モデルカップル』(ウィリアム・クラン、76)、『ゲームの殺人』(ミシェル・ドヴィル、85)、『葡萄酒色の人生 ロートレック』(ロジェ・プランション、98)、『プチ・ニコラ』(ローラン・ティラール、09)など。

CAST

ジェラール

ジェラール|ブノワ・レジャン
Benoît Régent

1953年8月19日生まれ、フランス・ナント出身。フランス国立高等演劇学校で演技を学び、81年にパトリス・シェロー演出の舞台『ペール・ギュント』に出演、以後、数々の舞台に立つ。映画では、『彼女たちの舞台』(ジャック・リヴェット、88)、『トリコロール/青の愛』(クシシュトフ・キェシロフスキ、93)、『心の底から Du fond du coeur』(ジャック・ドワイヨン、94)などに出演。89年に女優のマリリン・カントと結婚。94年10月22日、動脈瘤破裂で急逝した。

マリアンヌ|ヨハンナ・テア・ステーゲ
Johanna ter Steege

1961年5月10日生まれ、オランダ出身。84年から演劇学校に通い、学生仲間と劇団を立ち上げる。サイコ・サスペンス映画として名高い『ザ・バニシング−消失−』(ジョルジュ・シュルイツァー、88)で映画初出演、同年のヨーロピアン・フィルム・アワードで最優秀助演女優賞を受賞した。ガレルの『愛の誕生』(93)にも出演。その他の映画出演作に『ゴッホ』(ロバート・アルトマン、90)、『不滅の恋/ベートーヴェン』(バーナード・ローズ、94)、『レンブラントへの贈り物』(シャルル・マトン、99)、『サージェント・ペッパー ぼくの友だち』(サンドラ・ネットルベック、04)など。

マリアンヌ
マルタン

マルタン|ヤン・コレット
Yann Collette

1956年4月14日生まれ、フランス・カンヌ出身。国立演劇学校に在学中、同期の友人たちと小劇団を立ち上げる。以降、多くの舞台で活躍。映画では、『狂気の愛』(アンジェイ・ズラウスキ、85)、『ジャンヌ・ダルク』(ジャック・リヴェット、94)、『愛と復讐の騎士』(フィリップ・ド・ブロカ、97)などに出演。2018年のカンヌ国際映画祭で注目を集めた、若手監督ヤン・ゴンザレスの『心臓にナイフ Un couteau dans le coeur』(18)にも出演している。

ローラ|ミレーユ・ペリエ
Mireille Perrier

1959年11月14日生まれ、フランス・ブロワ出身。俳優養成学校に通い、シャイヨ国立劇場付属校で演技指導を受けたあと、舞台俳優としての活動をスタート。83年、レオス・カラックスのデビュー作『ボーイ・ミーツ・ガール』で主人公アレックスと恋に落ちる少女ミレーユ役を演じ、鮮烈な印象を残す。カラックスの次作『汚れた血』(86)にも出演。ガレルの『彼女は陽光の下で長い時を過ごした』(85)にも出演している。その他の映画出演作に『ショコラ』(クレール・ドゥニ、88)、『トト・ザ・ヒーロー』(ジャコ・ヴァン・ドルマル、91)、『この愛のために撃て』(フレッド・カヴァイエ、10)など。

ローラ
ジェラール

ジェラール|ブノワ・レジャン
Benoît Régent

1953年8月19日生まれ、フランス・ナント出身。フランス国立高等演劇学校で演技を学び、81年にパトリス・シェロー演出の舞台『ペール・ギュント』に出演、以後、数々の舞台に立つ。映画では、『彼女たちの舞台』(ジャック・リヴェット、88)、『トリコロール/青の愛』(クシシュトフ・キェシロフスキ、93)、『心の底から Du fond du coeur』(ジャック・ドワイヨン、94)などに出演。89年に女優のマリリン・カントと結婚。94年10月22日、動脈瘤破裂で急逝した。

マリアンヌ

マリアンヌ|ヨハンナ・テア・ステーゲ
Johanna ter Steege

1961年5月10日生まれ、オランダ出身。84年から演劇学校に通い、学生仲間と劇団を立ち上げる。サイコ・サスペンス映画として名高い『ザ・バニシング−消失−』(ジョルジュ・シュルイツァー、88)で映画初出演、同年のヨーロピアン・フィルム・アワードで最優秀助演女優賞を受賞した。ガレルの『愛の誕生』(93)にも出演。その他の映画出演作に『ゴッホ』(ロバート・アルトマン、90)、『不滅の恋/ベートーヴェン』(バーナード・ローズ、94)、『レンブラントへの贈り物』(シャルル・マトン、99)、『サージェント・ペッパー ぼくの友だち』(サンドラ・ネットルベック、04)など。

マルタン

マルタン|ヤン・コレット
Yann Collette

1956年4月14日生まれ、フランス・カンヌ出身。国立演劇学校に在学中、同期の友人たちと小劇団を立ち上げる。以降、多くの舞台で活躍。映画では、『狂気の愛』(アンジェイ・ズラウスキ、85)、『ジャンヌ・ダルク』(ジャック・リヴェット、94)、『愛と復讐の騎士』(フィリップ・ド・ブロカ、97)などに出演。2018年のカンヌ国際映画祭で注目を集めた、若手監督ヤン・ゴンザレスの『心臓にナイフ Un couteau dans le coeur』(18)にも出演している。

ローラ

ローラ|ミレーユ・ペリエ
Mireille Perrier

1959年11月14日生まれ、フランス・ブロワ出身。俳優養成学校に通い、シャイヨ国立劇場付属校で演技指導を受けたあと、舞台俳優としての活動をスタート。83年、レオス・カラックスのデビュー作『ボーイ・ミーツ・ガール』で主人公アレックスと恋に落ちる少女ミレーユ役を演じ、鮮烈な印象を残す。カラックスの次作『汚れた血』(86)にも出演。ガレルの『彼女は陽光の下で長い時を過ごした』(85)にも出演している。その他の映画出演作に『ショコラ』(クレール・ドゥニ、88)、『トト・ザ・ヒーロー』(ジャコ・ヴァン・ドルマル、91)、『この愛のために撃て』(フレッド・カヴァイエ、10)など。

THEATER

エリア 都市 劇場名 公開日
関東 目黒区 東京都写真美術館ホール 上映終了
  横浜市 シネマ・ジャック&ベティ 7/6(土)〜
  宇都宮市 ヒカリ座 7/20(土)〜
甲信越静 長野市 シネマポイント 近日公開
中部・北陸 名古屋市 名古屋シネマテーク 6/15(土)〜
  金沢市 シネモンド 6/22(土)〜
関西 大阪市 シネ・リーブル梅田 7/5(金)〜
京都市 出町座 近日公開
神戸市 元町映画館 近日公開
中国・四国 岡山市 シネマ・クレール 近日公開
  広島市 横川シネマ 近日公開
  松山市 シネマルナティック 近日公開
九州・沖縄 福岡市 KBCシネマ 近日公開
  那覇市 桜坂劇場 近日公開